Every Body's Knowledge Note
美容と健康

できるだけ手術せずに治したい辛い腰部脊柱管狭窄症とは


腰部脊柱管狭窄症の基礎知識

腰部脊柱管狭窄症の症状の表れ方

腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状は間欠性跛行という症状なのです。間欠性跛行52という症状は歩き始めたときにはそれほど強い症状があるわけでは無いのですが、しばらく歩くと足が痛くなってしまったり、しびれたり怖かったりすることによって歩くことができなくなってしまう状態のことをいいます。またしゃがんだり座ったりすることによって、その症状はすぐになくなってしまい、再び歩いたり断ったりできるということが、この病気の特徴です。

このようなことが起こる原因は勝つことによって、人間は構造上脊柱管はよりいっそう狭くなり神経を圧迫してしまうためで前かがみになることによって脊柱管が若干広くなるため、神経の圧迫が少し解除されてこのような症状はなくなるのです。この病気は進行するにしたがって連続歩行ができる距離や時間が徐々に短くなってくるのです。

重症になってしまった場合は50メートルも歩かないうちに症状が強くなり、歩けなくなってしまったり、 5分程度起立しているだけで症状が出たりするのです。さらに、徐々に下腿の徐々に萎縮してしまい永続的に行障害が発生してしまうこともありますので、重症になる場合には、非常に注意が必要になります。また、前述の症状である間欠性跛行といった症状は閉塞性動脈許可証という血管の病気を発症した際にも同じような症状が起こるため、どちらの病気なのか注意をして判断する必要があります。

この症状の場合は、起立しているだけでも症状が出てしまうパターンや手押し車を使って歩く場合や、自転車等に乗るときには症状が出にくいなど、前述の閉塞性動脈硬化性の時に出る症状とは違った特徴的な症状があります。閉塞性動脈硬化性といった血管性の病気かどうかを判断する基準としては、まずは下肢の動脈の拍動を触診によって診断します。

さらに上肢と下肢の血圧の比率によって閉塞性動脈硬化性の度合いを調べるという方法もあるのです。画像検査の場合にはx線写真やMRIおよびCT検査などが実施されることがほとんどですが、病巣の診断には神経根ブロックや筋電図などの検査を補助的に必要になる場合があります。この用具脊柱管狭窄症の治療の方法としては、まずは神経を圧迫するような動作や姿勢をしないようにすることです。

例えば、背中を反らせるような姿勢が脊柱管を狭くしてしまい、神経を圧迫してしまうため、脊柱管を記録するためには、歩く時に若干前かがみの姿勢を心がけるようにした方が良いのです。そして腰部脊柱管狭窄症の症状が出る前に敵意休憩を取ったり、歩く際には杖や手押し車を活用するなど一定生活において若干をすることによってかなり腰部脊柱管狭窄症の症状を緩和することができるのです。

また腰椎の伸展位を防止するためのコルセットを使うと言う手段もあります。薬物療法としては一般的に使われる消炎鎮痛薬の他に、神経の周囲の血流を促進する血流改善剤を使うことが多いようです。また症状の痛みが強いときには、神経ブロックなども実施されることがあります。その他にも脊柱管の牽引や温熱療法などの理学療法を併用して治療を行うこともあります。このような治療を実施しても症状が改善しないようなときには手術を考える必要があります。

手術は基本的に狭くなってしまっている脊柱管の部分を広くしてあげ神経の圧迫を取り除くという手術になります。その手術の方法としては、開窓術、椎弓切除術および脊柱管拡大術などの手術方法があり、腰部脊柱管狭窄症による神経の圧迫されている部位やその範囲によって、その手術方法選択します。また椎体同士の動きが大きいような場合や、腰痛がひどい場合などは、脊髄を固定する手術を併用して行う場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症ではないかと気になったら

腰部脊柱管狭窄症の主な症状である。前述の間欠性跛行といった症状が出てその病気に気付いたときには出来る限り早い段階で整形外科て受診をして診断をすることが非常に重要なことになります。

このような症状が年齢のせいだろうと放置してしまうと気づかないうちにその症状は進行してしまい、重症化ししまうことがありますので、特に男性陣に両足のしびれや米などの症状がある場合にはすでに重い症状になっているという認識が必要です。そのため、早急に整形外科で診断をしてもらい治療方法決定する必要があります。

腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴

腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状はしばらく歩いていると徐々に下肢が痺れてきたり、あるいは重くなったり痛みが出たりするため歩行が困難になってしまいます。ところが、椅子に腰をかけたり絡んだりしてしばらく休むと再び歩行可能になると言ういわゆる間欠性跛行といったような状態が脊柱管狭窄症の症状の特徴なのです。

この病気になった場合、継続して歩行できる時間は1分から2分くらいしか歩行できない場合や、 10分程度話もできるなど脊柱管狭窄症のレベルによって変わってくるのです。また、この間欠性跛行という症状について理解していただきたいこととして年齢のせいでこのような症状が出たのだろう、というような自己判断や思い込みで放置してしまうことがないように、家族や周囲の人たちにも十分に注意をしていただきたいのです。

また腰を反らせる状態にしたり、再び立ち上がって腰が伸びた状態にしてしまうと再び痛みが強くなるため手押し車や乳母車あるいは自転車に乗ったりするような前かがみの姿勢になると楽になると言うと特徴的な症状です。このような前かがみの姿勢になると症状が楽になる理由は体が前かがみになることによって、神経の圧迫が弱くなるからなのです。

このような間欠性跛行は脊柱管狭窄症の共通の症状なのですが、どの部分が圧迫されるかによって出てくる症状も様々に違ってくるのです。例えば、神経根が圧迫されているような場合には、特に左右両方の神経根が圧迫されているような場合には、腰から足にかけてしびれやのの症状が出るのです。

また、馬尾が圧迫されているような場合には、この部分には神経の束があり、それが圧迫されるため、足のしびれ山は、そして脱力感があり、紅夜尿が出ないとか我慢ができないなどの排泄障害が起こったりムズムズした感覚を覚えたりすることもあるのです。このような症状が出た場合には、前日の神経根が圧迫されるタイプの脊柱管狭窄症よりも症状が重い脊柱管狭窄症なのです。

腰部脊柱管狭窄症の検査方法

脊柱管狭窄症の診断を病院でするときにはレントゲンやCTスキャンおよびMRIなどの検査を実施して、それらの画像をチェックすることによって脊柱管に脊柱管狭窄症になっているかどうかを医師が確認します。 。一般的にはレントゲン検査を実施した後にそれをチェックして、もっと詳細な情報が必要な場合には骨以外の状況を確認するためにCTスキャンやMRI検査などを実施します。

また、場合によっては造影剤を使用した撮影検査を行うこともあります。しかし、たとえ脊柱管に狭窄が起こっていたとしても、必ずしも前述のような症状が出る訳ではありません。また脊柱管狭窄症の症状の特徴でもある間欠性跛行という症状も前日に書きましたように、閉塞性動脈硬化性などの他の病気が原因でその症状が出ることがあるため、その症状が出たとしても注意が必要なのです。

腰部脊柱管狭窄症の治療法とは

腰部脊柱管狭窄症に診断された際には、どのような治療方法が存在するのでしょうか。ここでは業務脊柱管狭窄症と診断されてしまった場合の治療方法についてその方法について具体的に紹介します。

薬物療法と理学療法

腰部脊柱管狭窄症に対する薬物療法は直接患部に貼り付けたりするようなものや飲み薬など、その薬物療法の方法にはさまざまなものがあります。一般的には腰部脊柱管狭窄症に対しては、鎮痛剤を使用するのですが、その症状や痛みの度合いによって血液の循環を良くする働きはあるような薬物の使われたりします。基本的に薬物療法は対処療法であるため、根本的な治療にはならないのですが、痛みやしびれを和らげるためには効果的な治療方法なのです。

次に理学療法ですが腰部脊柱管狭窄症に対する理学療法には温熱や電気などを活用して患部を温めることによって傷を和らげる方法始めとして腰を引っ張ることによって、腰椎を調整するような理学療法の方法などがあります。この方法自体もやはり薬物療法と同様に対症療法であるため、体操やストレッチ等と併用して継続的にこの治療方法でしていくことが効果的になります。

神経ブロックと手術

腰部脊柱管狭窄症の治療方法として、前述の薬物療法や理学療法以外に神経ブロック注射という治療方法もあるのです。この方法は、幹部の周囲の色神経に対して直接麻酔注射を打つことによって痛みを和らげるという方法になります。この方法の場合、血流を良くする効果もあり、さらに継続的に行わなければ効果は分かりにくいことがあるということがあるものの、継続的にこの治療をすることによって治癒力を高めるという効果も期待できるのです。

最後に紹介する腰部脊柱管狭窄症の治療法は手術ですが、前日に紹介した治療法で腰部脊柱管狭窄症の症状が改善されないような場合には手術という選択肢があります。費用や身体的な負担を考慮した場合、腰部脊柱管狭窄症の治療方法としては最終的な手段とも言えるのです。

しかし、この腰部脊柱管狭窄症の手術方法としては、どのような手術方法があるのか、あらかじめ知識を持って、その手術後の過ごし方などを知っておけば、より手術の後の経過を順調にすることができるでしょう。ただし腰部脊柱管狭窄症と診断されたとしても、すぐに手術をしなければならないということをほとんどありません。

必ずはじめに保存治療を実施します。そして数ヶ月保存治療継続しても全く効果が出ないというような場合には手術による腰部脊柱管狭窄症の治療をすることになる場合が多いのです。この手術方法には開窓術という神経が圧迫されている椎弓を部分的に切り取ることによって、神経の圧迫を取り除く方法があります。この方法は削るとを最小限に出来るという点がこの手術による治療の特徴です。

この腰部脊柱管狭窄症のための手術の場合、比較的軽度な症状の時に適用される手術です。また椎弓切除術という腰部脊柱管狭窄症の治療のための手術方法もあるのですが、開窓術と同様に椎弓を切り取るという手術方法ですが、腰部脊柱管狭窄症の手術方法としては広範囲に切除する手術方法であるため、骨もたくさん削らなくてはならない手術方法になります。

馬尾型で圧迫されている部分が大きいといったような腰部脊柱管狭窄症の症状の場合にはこの手術方法が適用されます。また他にも脊椎固定術という手術方法があるのですが、この方法は、前述のどちらかの手術方法とった場合に、脊椎が動かないように工程をする手術方法になります。

この方法は腰部脊柱管狭窄症においてスベリ症を併発しているような場合には除圧をしたとしても、また脊椎が滑ってしまい、腰部脊柱管狭窄症が再発してしまうため、滑らないように脊椎を固定するという記述方法になります。この方法は固定用の金属製の木を使用するのが一般的なのですが本人自身の骨を移植するということもありえます。

腰部脊柱管狭窄症の治療の為の手術のまとめ

腰部脊柱管狭窄症の度合いやその手術の方法にもよって変わるのですが、一般的には手術をした翌日が、もしくは2日後には歩くことができる様になり1週間後ぐらいからはシャワーも浴びることができるようになり、仕事はデスクワークであれば、 1週間程度で仕事に復帰ができるでしょう。ただし、回復スピードには個人差があるため、回復が遅いと感じても焦らない、ということが大切になります。

そのため、腰部脊柱管狭窄症の手術後は、自分の体と相談をしながら少しずつ生活を戻していくようにしましょう。

日常でできる腰部脊柱管狭窄症の予防

腰部脊柱管狭窄症と診断されたとしても、日常生活で自分でケアできることはたくさんあります。日常的に自分でケアできることはたくさんあり、実際に日常生活に気を配ったことにより腰部脊柱管狭窄症の症状が緩和する事があります。

姿勢に気をつけること

前述したように腰部脊柱管狭窄症というものが発症する原因は、脊椎にやる脊椎管が狭くなってしまい、その中を通っている神経が圧迫されることによって、痛みや痺れという症状が発症するのです昔昼間は狭くなってしまう原因は、脊椎の骨やその間にある椎間板のズレ。そしてによって年齢を重ねることによって軟骨が摩耗してしまうことによって狭くなると考えられています。

そのようなことがに腰部脊柱管狭窄症の原因になっているため、背筋を伸ばしたり、身体を反らしたりしたような姿勢をした場合には脊椎が脊柱管のほうに伸ばされるような状況になるため、脊柱管を狭くしてしまい、その結果として神経を圧迫してしまっているのです。そのため、無理に背筋を反らすような姿勢をしたり長時間同じ姿勢でいるような場合や、長時間歩行することなどは脊柱管を圧迫してしまう動きになってしまうため、腰部脊柱管狭窄症を発症し易くなるため、できうる限り、このような事は行わないように、日常生活から気をつけるようにした方が良いでしょう。

そして腰部脊柱管狭窄症と思われる傷の症状が発症した場合には、なるべく前かがみの姿勢になるようにしましょう。前かがみになることによって、脊椎も前傾し、それだけ脊柱管は広がるため、痛みをやわらげることができるのです。腰部脊柱管狭窄症あの人は会談後登るときには楽になるというような人が多いのですが、その理由は階段を上り姿勢が自然に前かがみの姿勢になるため、楽になるのです。

その反対に階段を降りるときには自然に背筋をそらすような姿勢になるため、腰部脊柱管狭窄症の症状が発症することが多いのです。そのため、階段を降りるような場合には手すりなどに捕まって出来る限り前かがみの姿勢になるようにすれば腰部脊柱管狭窄症の痛みを和らげることができるのです。また横になるような時も注意が必要になります。仰向けになるようなときには膝の下に枕や丸めたタオルなどをその下に入れるなどしてタオルを軽く曲げて頭部に枕などを使用して背骨が若干まるまるようにして仰向けになるようにしましょう。

うつ伏せになる場合には、どうしても背筋を伸ばしてしまうため、そのような事は出来る限りしないようにしましょう。また腰を伸ばすような一般的には腰痛のための運動も避けるようにした方が良いでしょう。そのような場合には腰部脊柱管狭窄症向けの体操やストレッチなどが開発されていますので、そのような体操を実践するようにしたほうがよいでしょう。

また食べ物の中には神経に良い影響を与える成分や血流を良くする成分など神経の痛みやしびれに効果的な成分がありますので、そのような成分が含まれている食べ物を積極的に摂取することも腰部脊柱管狭窄症を予防するためには重要なことになります。そして傷を悪化させない姿勢を心がけると同時に血流などを改善することを考慮した食生活を改善していくことによって腰部脊柱管狭窄症の症状が出ないようにしましょう。

健康成分を摂取する

腰部脊柱管狭窄症の原因となる神経の圧迫を取るためには、神経、周りの血液の流れをよくする、あるいは腰椎を支える椎間板を強くするというような改善策があります。これらは、健康食品の持っている作用によって改善することが可能です。そのため腰部脊柱管狭窄症の症状の改善により作用を与える健康食品としてクロレラなどが推奨されます。

このクロレラは血圧の調整や造血の促進、そして血液の浄化や血糖値をコントロールできるといった効果によって血流の流れを改善することにより腰部脊柱管狭窄症の痛みやしびれを緩和する働きがあります。実際に腰部脊柱管狭窄症を患っている人はクロレラのサプリメントを摂取しはじめてから2か月程度で徐々に痛みが楽になり、半年程度で痛みがほとんどなくなってしまったような人もいます。

このクロレラを摂取することは腰部脊柱管狭窄症の緩和をするだけでなく、このような健康食品を摂取することにより、生活習慣なども見直すようになり、その結果として、コレステロールの値も下がるようになったという方もいらっしゃいます。

当初は立ち上がることも大変で買い物などで荷物が打つことができず困っていたという方がこのクロレラのサプリメントを摂取するようになってから、徐々に通常の生活ができるようになり、充実した日々を過ごすことができるようになった人もいます。このように神経周りの血流を良くするような成分のサプリメントは腰部脊柱管狭窄症の症状の緩和に役立ちますので、積極的に摂取するようにしましょう。

ストレッチや体操をする

腰の反りを改善するためには腰部脊柱管狭窄症専用のストレッチや体操を実施することが有効であると言われています。ここではそのようなストレッチの方法を紹介します。まず仰向けになり、仰向けになる箇所には背中を痛めないようにマットなどを敷いて仰向けになります。そして東部には枕や2つ折りにした布団などを置くなどして頭が若干高くして、仰向けに寝ます。

 

その状態でリラックスをして両足を曲げて、その両足の膝を両手で抱え、息を吐きながら抱えた膝をさらに胸に近づけて、 5秒間ほど静止しますこのようなストレッチを10回程度繰り返すことによって腰の除圧ができるため、神経の圧迫が改善され腰部脊柱管狭窄症の症状が緩和されます。

このストレッチをして疲れてしまったら、無理をせず休憩をしながら行うようにしてください腰のあたりにあらかじめいせや厚めのマットを敷いておくと、その上に足を乗せて休むことができるようになるため、便利なので、そのような工夫をしながら腰部脊柱管狭窄性の予防のためのストレッチを日ごろから行うようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症の治療の為の医者を選ぶ方法

腰部脊柱管狭窄症に限らず病気の治療における病院や医者の選び方は、多くの人が悩んでおられるようです。確かに病気を治療するための最適な医者の選び方は難しいものです。それではどのように医者選びをすれば良いのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症に関西大学知識と経験の確認

腰部脊柱管狭窄症を病院で治療するための専門科目は整形外科になります。腰部脊柱管狭窄症の症状がひどく手術による治療の検討も視野に入れているのであれば、脊椎は専門医で十分な手術経験を持っている医者に診察してもらうと安心です。また腰部脊柱管狭窄症の治療には病院での治療以外にもしっかりとした知識と経験がある様な鍼灸やカイロプラクティックなどの民間医療でも腰部脊柱管狭窄症の治療の効果が期待できるのです。

もう年齢のせいだからと言ってあきらめてしまう前に、一度鍼灸やカイロプラクティックなどの民間医療で腰部脊柱管狭窄症の治療を試みることも、その症状の改善につながる近道になる可能性があります。ただし、民間医療の治療家の中には病院における名医と言われるような、本物のプロフェッショナルから全く医療知識を持っていないにもかかわらず、治療を行っているような治療院も存在することも現実です。

このあたりのことは資格や肩書き等だけで判断せずに、これまでその治療院に実際に行ったことのあるひとは評価や口コミなどを参考にして、どの治療院で腰部脊柱管狭窄症の治療をするかを選択すればよいでしょう。また腰部脊柱管狭窄症の症状やその原因について、しっかりとした医学的な根拠や解剖学的な知識からわかりやすい説明をしてくれるような治療院の治療師であると言うことを腰部脊柱管狭窄症の治療をしてもらう為の判断基準としても良いでしょう。

いずれにしても神経周りを治療する場合は失敗をすると大変なことになりかねないため、病院での治療にしても、鍼灸やカイロプラクティックなどの民間医療による腰部脊柱管狭窄症の治療をするにしても、 1つの病院や治療院などに固執するべきではなく、患者自身がしっかりと納得することができ、安心して自分自身の治療を預けることができるような所を探すべきでしょう。