Every Body's Knowledge Note
ビジネス、経済とマネー

不動産を活用する際の不動産担保ローンの借り方の注意点


不動産担保ローンとはどんなローンか

不動産担保ローンは所有している不動産を担保にして、長期間低金利で大きな資金を調達するためのローンのことです。通常マイホームを取得をするための住宅ローンとは違って、基本的には所有されている不動産を担保に融資枠を設定して融資を行うことになります。融資額の評価をを見込むことができれば、たとえ住宅ローンの借入残高残っていたとしても、融資を受けることができる可能性があります。また会社によっては2番順位での融資は行なえない会社も存在をますので注意が必要です。

この不動産担保ローンは不動産を担保にしますので、もしローンの返済が滞ってアレすれば任意売却や競売などによって融資の返済を求められるケースもありますので居住用の不動産を担保にしたりした場合には自宅を失ってしまうケースもあります。また、この不動産担保ローンは無担保で融資を受けることができる信用融資とは違って、不動産を担保にするので大きな金額の資金を長期のローンとして組むことが可能になります。例えば新規に事業を起こすために資金が必要なケースや事業計画などがしっかりとしていれば、たとえでも実績がなくてもその担保の評価ないであれば、不動産担保ローンを使って融資を受けることが可能であることがあるのです。

この不動産担保ローンと他のローンとの違いですが、まず第一に、この不動産担保ローンの資金の使途は自由だということです。

たとえば宗教法人に対する寄付もしくは犯罪性の資金など反社会的な資金の可能性がある場合には資金の使途は確認しますが、住宅ローンやマイカーローンとは違って借りた資金の用途に厳しい制約は無いのです。また、もうひとつの違いとしては、返済計画が立てやすいということがあります。

不動産担保ローンの場合には年齢に応じた長期ローンを組むことが可能であるため、毎月の返済額を低めに設定して自分のライフプランに適正な返済計画をこのことが可能になります。あともう1点不動産担保ローンの金利は信用によって受ける融資よりもその金利が低いということがあります。

不動産担保ローンはその文字通り不動産を担保にしますので無担保で資金を借りるよりも低い金利で融資を受けることが可能です。あともう1点はこの不動産担保ローンの場合には、他の融資よりも大きな融資金額を受けることができるということがあります。

担保の評価や返済能力に問題がなければ、数百万もしくは数千万円の大きな融資を受けることができるという特徴があります。ご対面としてでもこれからスタートする、もしくは曲でもスタートして3曲もない時期でも融資を受けることができるのです。

たとえ確定申告や決算ができていなくても、担保の評価や事業内容さえしっかりしていれば、この不動産担保ローンによる融資を受けることが可能です。あともう一つとして保証人の必要がないということが大きな特徴です。

不動産担保ローンは不動産を担保として金融機関もいただきますので、担保の所有者以外の人的保証人は基本的には必要ないのです。あと最後に融資の審査が通りやすいという特徴があります。

銀行の融資に比べて、あくまでも担保評価を基本に見ていますので融資評価があり、返済能力があるという人は審査が非常に通りやすいのです。ただし以上の内容は金融機関ごとの金融商品構成によって変わりますので、詳しいことは不動産担保ローンによって融資を受ける金融機関に相談するようにしてください。不動産担保ローン

不動産担保ローンで借りれる金額

不動産担保ローンというものは、担保となる不動産のお父さん評価額の何倍くらいお金を借りることが可能なのでしょう。一般的にはその相場では不動産評価額の7割前後と言われているのですが、どの金融機関から不動産担保ローンによってお金を借りるかによってもその借りることができる金額は変わってきます。

例えばノンバンクや融資会社の手では不動産評価額の7割前後の融資は標準ですが、銀行などでは不動産評価額の50%までというのが標準という感じなのです。

そのためどの金融機関から不動産担保ローンによってお金を借りているのかを選ぶことが大切なことになります。自らが優先する条件によっては銀行から不動産担保ローンによって借りることができない可能性もありますので十分に検討する必要があります。

またどうしてもお金を借りる必要がある人や、急いでいることから、少なくとも2、3日中には融資をしてほしいといったような人もしくは二番抵当以下の順位で不動産担保ローンを買いたいといったような人、前述のような条件にあてはまるような人は人口よりも、ノンバンク系の金融機関から不動産担保ローンによって融資を検討した方が良いかもしれません。

またノンバンクの中でも不動産担保ローンを専門に取り扱っている融資会社からお金を借りかけてることを推奨します。

そのような融資会社であれば融資してくれる金額も相場通りのことがほとんどですし、不動産担保ローンの専門会社だけあって多少難しい物件であってもきちんとして評価をした上でお金を貸してくれます。数百万円単位のまとまったお金を借りたいときに低金利で長期間借りることが可能な不動産担保ローンを検討される人は少なくないと思います。

通常無担保融資では500万人以上の大きな金額を借りることはかなり困難ですが、担保さえあれば、比較的大きなお金でも借りることが容易になっているのです。不動産担保ローンを活用する際に、いったいどの程度のお金を借りることができるのか気になるところでしょう。

もちろん担保となる不動産の価値にも依存しますが、おおよその目安というものは存在します。 。融資をしてもらえる金額は担保になる不動産の価値によって左右されます。

融資額の上限というものは、その融資会社の定めている条件の範囲内であれば、担保となる不動産の評価額の7割前後が相場となっているのです。ただし今年はあくまでも目安であるため不動産担保ローンで借りる金融機関によっては、この限りではないケースもあります。

最近の銀行の傾向としては、評価額の50%程度が融資額の上限となっており、低めなのです。銀行では借りることができないという人や銀行では希望の条件を満たすことが出来なかったというような人は不動産担保ローン専門に扱っている融資会社を活用することをおすすめします。

審査の通り易さの違い

銀行で不動産担保ローンによって融資を受ける場合、銀行は極力リスクを避けるため、たとえ不動産担保があったとしても、金属燃焼や収入などといった制限を設けたり、不動産の評価が可能50分%程度しか優勝しなかったりということが多々あります。一般的にお金を借りる時に真っ先に思い浮かべられるのが銀行と思いますが、

収入などの条件で審査が通らなかったり、融資してくれる金額に納得がいかなかったというような人は近郊以外の消費者金融などに目を向けてみても良いかもしれません。

銀行でお金を浴びる魅力の1つとして、金利が低いことがあげられるのですが、不動産担保ローンにおいては、消費者金融と銀行と比べてもその金利において遜色がないのです。なぜなら、たとえ消費者金融道は言っても不動産という担保があることから、金利を低く抑えることが可能なのです。

例えば、貸し渋りにあって困っているような人は実績があって信頼がおける金融会社であれば思った通りな条件でお金を借りることが可能かもしれないのです。

そのようなことから高額な融資を受けるということから必ずしも銀行でなくても、もし不動産という担保があるのであれば、不動産担保ローン専門の金融機関や消費者金融の画像でも銀行と同様の金利で、しかも長期間で融資を受けることが可能になっているのです。そのため、消費者金融、だからといってSOSする必要は無いのです。

ただし消費者金融で不動産担保ローンによってお金を借りる場合にはやはりその消費者金融の信頼性をしっかりと見極める必要はあるのです。中には悪質な消費者金融もありますのでその辺のところは注意がどうしても必要になります。

不動産担保ローンは借り換え可能か

無担保ローンなどで借入が嵩んでしまっているような人は不動産担保ローンに切り替えた方が金利を抑えることができる可能性があるのです。無担保のお求めもしくは借換ローンでも複数社の権利を1社分に抑えることができるため借金の整理には有効なのですが例えば親族から相続した土地など眠っている不動産があるような人はその不動産を活用すれば総返済額を減らすことも可能になるのです。

有利な借金の借り換えをすることができれば、生活にゆとりができることから、完済の計画も被る可能性が高まるのです。不動産担保ローンと言うと、どのようなシステムなのか、どういうきもあるがあるのか、そしてどのような手続きが必要なのか、そのような不動産担保ローンを利用したくてもよく分からないという人も少なくないと思います。

また、総量規制ということもあることから、どの程度のお金を借りることが可能なのかも知りたい方も少なくないのではないでしょうか。ここで言う事なく 総量規制は借り手側の生活を守るための法律であり、年収の3分の1までしかお金を借りることができないという法律のことなのです。

自宅以外の不動産を担保に操業する場合には、この総量規制の対象にはならないのです。

そのため、担保となる不動産を割にも依存するのですが、年収の3分の1以上の借り入れも可能になります。しかし、自分が住んでいる自宅を担保にする場合には、総量規制の対象になるのです。そのため、どれほど自宅に担当としての価値があったとしても、やはり年収の3分の1までしかお金を借りる事はできないということになります。

ただし、金利の低い不動産担保ローンで借り換えいたいというケースの場合には、担保となる不動産によっては借り換えが可能になります。

不動産担保ローン専門の融資会社が、基本的には売却を前提としているため、融資の際には審査はあるのですが、その分きちんと法律に則って経営されているという信頼感があるのです融資のスタッフが無理なく活用できる計画を提案してくれますし、

相談にはお金がかからないため、返済の見直しを考えている人は1人このような不動産担保ローン専門の融資会社に相談に乗ってもらうことを推奨します。

不動産担保ローンに必要な初期費用

ご存知でない方も少なくないと思うのですが、不動産を担保にして融資を受ける不動産担保ローンの場合には関係の費用や事務手数料などの諸費用が必要になります。調べていくうちに、そういった初期費用が必要だと知った方でもそれでは実際にどれぐらいの所引き費用がかかるのか、と疑問に思われる人もいると思います。

しかし、これは完全にケースバイケースになるため見積もりや仮審査などをしてもらわなければ自分の場合 いったいいくらの初期費用がかかるのかは分からないと言うのが難しいところでもあるのです。

ただし一つ言える事は悪徳業者でさえなければ、おおよその金額を知るのを無料で可能です。それはインターネットで調べれば相談は無料で行うことができ、実際にローン契約までに費用がかからない不動産担保ローンの会社のどを見つけることが可能です。

実際に契約をして不動産担保ローンによって融資を受けるときには手続きに必要だった諸費用や事務手数料などは支払う必要がでてきますが、自分の担保物件によっていくら借りられるのかをまた手数料がかかるのかを調べて、それで契約に至らなかった場合には費用を払う必要はないと思われます。

まずちょっと調べてみたいという段階で申し込みをするというような事は不安のような人もいると思いますが、申し込み=契約ではありませんので無理な営業もないと思いますので、とりあえず評価を知りたい方はこのようなネットで調べた業者に申し込みをしてもらい不動産担保ローンの為に担保にする不動産の評価をしてもらうのもオススメなのです。

不動産担保ローンのメリットとデメリット

現在所有している不動産を担保にして融資を受けることができる不動産担保ローンは高額な融資を受ける際に有効な資金調達方法ですがこの融資の方法は決してメリットだけではありません。デメリットもあるので把握しておきましょう。

具体的短所と長所

まず不動産担保ローンのメリットですが、一般的な無担保ローンに比べると不動産と言う価価値のあるものを担保にすることが可能であるため、当然のことながらローンの金利が安くなります。さらに担保にする不動産の価値によっては相当高額な融資を受けることが可能になるといったことも、この不動産担保ローンのメリットでもあるのです。

また、長期的に安定的に返済が可能な場合、非常に魅力的なローンでもあるのです。次のメリットとしては、この不動産担保ローンはフリーローンに分類されることから、不動産担保ローンで版借りたお金の使用用途に制限はありません。

そのため基本的に自由に不動産担保ローンによって借りたお金を使うことができるといったこともメリットでしょう。通常の個人融資の場合には不動産の価値にかかわらず借入可能限度が定められているのですが、この不動産担保ローンの場合には不動産の価値によって借入条件同学は上がっていきますので高額な融資を希望する場合には非常に有効なローンでもあるのです。

この不動産担保ローンとは違い、個人融資の場合に自宅を担保にしてるモンをする場合には使用昔によると、同様に総量規制の対象となるのです。しかし、この不動産担保ローンの場合には不動産を担保にして自由に資金調達が可能になるのです。

またこの不動産担保ローンはつなぎ融資としても有効なのです。つまり、一時的にお金を借りる短期融資の1つであるつなぎ融資の1つとしてもこの不動産担保ローンは活用されているのです。また近い将来融資を受けられることが決定しているけれども、いますぐにお金が必要といったようなケースでもこの不動産担保ローンを利用されているのです。

この不動産担保ローンの場合、保証人は不要なケースもあります。そのためこの不動産担保ローンは迅速に融資を受けることができると言うことからもつなぎ融資には最適なのです。その他は資金調達にスピード感が必要な場合にも活用する人が多いです。

つぎにデメリットですが、不動産担保ローンは低金利であるが故の特性に注意が必要なのです。低金利がメリットでもある不動産担保ローンなのですが、決してこの低金利という事は良いことづくしでは無いのです。一般的には高額融資を受ける場合が多い。不動産担保ローンでは必然的に返済期間が長くなってしまうのです。

そのようなことを見越した上での低金利であるのですが、それらを一括で支払われてしまったりすると、金融機関にとっては利益が減ってしまうという一面もあるのです。そのため、中には一括変換した際には高額な違約金を請求するような金融機関も存在します将来的に一括現金をする可能性があるような人はその場合には違約金があるのかないのかを調べておいた方が無難でしょう。

また、もしも担保にしている不動産価値が下がってしまったような場合、追加として差し出す追加担保というものがあります。 。不動産というものは価値が変動するものと言う認識がない場合には、いざ追加担保を請求された場合,クシュしまうものです。そのためこの不動産担保ローンというものは価値が変動する可能性もある資産を担保にしていることを自覚することが大切なことになります。

銀行などの金融機関の意外で融資業務を行っている消費者金融などのような消費者金融などの非金融機関、それはノンバンクといいますとノンバンクは銀行などの金融機関よりも審査が下がりやすいため、ついつい消費者金融の不動産担保ローンで安易に借りてしまいがちですが、そのほとんどが金利が高いものです。

目先の不動産担保ローンの簡単さにつられることなく、金利は何の情報もしっかりと確認した上でそのような不動産担保ローンを活用するようにしましょう。

不動産担保ローンを受けるに当たり知るべき知識

ここでは金利が他の融資よりも安く不動産の担保さえあれば比較的融資を受けることができやすい不動産担保ローンを活用する前に知っておいてほしいことについて、さまざまな視点から不動産担保ローンに関する知識について紹介します。

不動産担保ローン業者選びのノウハウ

業不動産担保ローン者選び

不動産担保ローンを金融商品としている業者の事務所はマンションの1室(特にマンションの1階ではなく直接導線が無い2階以上の場合は要注意なのです。これが業者間の取引をメインとしている業態であれば問題ないのですが、飛び込みの新規顧客を始めとした概して一般顧客に対して広く融資を行う不動産担保ローンのような金融商品を扱う会社としてはマンションタイプの事務所は適していないのです。

その事務所が形式的にその場所の住所としているだけか、顧客が来ることを想定していない会社であるため、自らが動きやすい拠点であるとの理由だけでその場所を不動産担保ローンの金融商品を扱うための事務所として構えている可能性があります。また他にも自分の会社では融資は一切行わない不動産担当の紹介目的だけの金融仲介専門業者かもしれません。

また不動産担保ローンというものが不動産を担保に融資とするため比較的大きなお金が動くものです。そのため不動産担保ローンの顧客は主に事業資金を必要とする事業主や経営者が多く、そのようなクライアントの利便性を考えると繁華街の核と言うよりもオフィス街に事務所を構えているような不動産担保ローンを扱う業者が一般的なのです。

また比較的小額のお金を貸し出す消費者金融とは違って、不動産担保ローンを扱う業者が繁華街や歓楽街にオフィスを構えるようなニーズはあまりありません。なぜなら、そのような不動産担保ローンの顧客にとってはオフィス街の方が訪問しやすいからなのです。

そのため、わざわざ繁華街の雑居ビルなどに事務所を構えているような動産担保ローンを扱う業者であればオフィスビルの入居審査車に通ることができないような属性の比較的質の悪い業者なのかもしれません。

もしくはその場その周辺に別の本業があり、その傍らで不動産安保論授業をやっているなどそのような事務所を構えている何か特別な事情がある可能性があります。不動産担保ローンのような高額な融資を行うことができる業者であれば、それなりの資金力があるはずなのですがこのような雑居ビルなどに入居しているようなケースでは紹介料目的の単なる金融仲介専門業者か、もしくは悪質な業者の可能性もあるのです。

たとえその場所に不動産担保ローンの会社の事務所が実在していたとしても、いわゆるSOHO形式でスペースを共同利用する形態のようなオフィスであったり月極のレンタルオフィスといったような場合もあり得ます。

このような場合には、その建物のワンフロアーまたは建物全体がこのような形式になっていることが多く、現地を訪問すればすぐにわかります。言うまでもなく、このような形態の業者は不動産担保ローンを扱う業者とシートがつながる通常はあり得ないのです。要するに、すぐにお店を高めるような形式の不動産担保ローンを扱う業者の事務所は要注意なのです。

不動産担保ローンの審査ポイント

銀行などその仕事はビジネスなので不動産担保ローンという商品を提供する事で利益を上げます。ローンや融資というビジネスは貸したお金が戻れば収入は継続しますが戻らなければ損失です。その為損失しないよう審査を行い融資するのです。

不動産担保ローンの審査の視点

不動産担保ローンというものは3つの視点から審査が行われるのです。 1つは不動産担保の担保価値の審査、 2つ目は融資をする人と会社の信用力の審査、 3つ目は、金融機関のリスクの設定(担保掛目および融資掛目)といった3つの視点から不動産担保ローンの審査が行われるのです。

この中でまず不動産担保の単独の審査ですかこれは担保に対する不動産の担保価値つまり担保にした不動産はいくらで売却できるのかといったようなことを鑑定することによって万が一不動産担保ローンの返済が滞った場合に担保としてある不動産を売却することによってどの程度回収できるのかを明らかにすることによって融資を依頼した人に対して不動産担保ローンによって融資が可能なのかどうか、また、いくらまでであれば不動産担保ローンによって融資可能なのかを決定するわけです。

それではどのようにして不動産担保の担保価値を評価をするのでしょうか。そのひとつは土地の評価です。土地の評価としての基準は公示地価つまり、国土交通省が設定した地価です。 2つ目は基準地価これは都道府県が設計した地価です。

4つ目としては路線価これは国税庁が設定した地価です。といったような公的な基準価格をベースにして、土地の価格の鑑定をするのです。特にこの中でも銀行やノンバンクが不動産担保評価に活用することが多いのは路線価つまり相続税路線価)になることがほとんどです。

これは相続税を決定するときに使われる土地の基準価格になります。なぜこのような路線価が不動産担保ローンの審査に利用されるかというと土地の評価額は評価方法によって違うため概ね売買取引の価格水準 ≒ 公示地価 = 基準地価 > 路線価 > 固定資産税評価額といったような関係にあるため、公示地価や基準地価は売買取引の価格水準に清めて近い価格であり、また路線価は売買取引の価格水準の初10%程度と設定されているのです。

そのため、銀行やノンバンクなどは不動産担保ローンの担保の評価額を少しでも硬めに予測したいという意向があることから取引水準よりも安く設定されている路線価を不動産担保ローンの審査に採用する金融機関が多いのです。

また、固定資産税評価額と言うものによって評価してしまうと更に低くなり、取引相場は70%程度になってしまいこれでは融資額が小さくなりすぎるため路線価は不動産担保ローンの審査の基準に採用されているのです。