Every Body's Knowledge Note
医療

AGA(男性型脱毛症)の治療

のAGA(男性型脱毛症

AGA(男性型脱毛症)の遺伝的要素

チャールズ皇太子の場合

1977年のある日イギリスの大衆紙「サン」には頭の中央部に卵型のハゲがはっきりと見えるチャールズ皇太子の写真を大きくを乗せた。金髪の美女とのデータの派手な話題を振りまいている独身の皇太子が若ハゲいわゆるAGAに悩んでいるという意外な秘密が暴露されて英国人もちょっぴり登場したという噂が流れました。この報道では若ハゲは以前の要因は大きいが食事療法などでその進行を食い止める事は可能ですとその紙面において進言しています。
チャールズ皇太子

男性ホルモンの影響

ここでは、遺伝的要素も大きいと言われるハゲであるAGA治療の事について書いていきたいと思います。AGAの原因は遺伝的要素は非常に大きいと言われています。親が若いうちからはげている場合、その子供もやはり若いうちからAGAになりやすいなどとよく言われます。

上述しましたチャールズ皇太子の事例などもこれに当てはまると思われますこれは「当たらずとも遠からず」的な言葉なのです。しかし、この手のハゲはいわゆるストレスなどにより突然現れる円形脱毛症などとは異なります。

このAGAというハゲは、正しくはAGAそのものが遺伝するのではなく、AGAになりやすい体質がするのです。昨今話題になっている「癌は癌そのものが遺伝するのではなく、癌になりやすい体質は遺伝するのである」ということと全く同じ論理なのです。

ですから、AGA治療についてもAGAになりやすい体質は具体的にどんなものかという観点からAGA治療の対策を考えなければならないのです。それではAGAになりやすい体質とはどんなものなのでしょうか。その一つはホルモンだと考えられています。

それもマンドロゲという男性ホルモンの分泌量の違いであると言われています。男性ホルモンとは精巣間質細胞で生成されるホルモンで、男性の生殖器の発達と第二次性性性徴の発現とをを促進して、性的な衝動を超す起こせるホルモンなのです。

毛髪がホルモンと密接な関係を持っていることは多くの研究で判明しておりその男性ホルモンが男性ばかりではなく女性の体内にも存在している事は疑いの余地はありません。女性の陰毛などや頭髪を除く体毛のほとんどはこの男性ホルモンの働きによって生じて成長しています。

ところが、頭髪だけは女性ホルモン(いわゆるエストロゲン)によってコントロールされています。同じような体毛でありながら頭髪だけは女性ホルモンによってコントロールされているというところがこのAGA治療のヒントであり厄介なところでもあるのです。

一般的に男性には男性ホルモンが多く、女性には女性ホルモンが多いのは当然ですが、男性は成長するにつれ、男性ホルモンの分泌が盛んになり、女性ホルモンを追い出すしまいます。

その結果、女性ホルモンがコントロールしている頭髪の機能は低下してしまい、脱毛してしまいAGAとなり、 AGA治療に悩まなければならないということになるわけです。
女性ホルモンがコントロールしている頭髪
ホルモン以外の影響

それでは遺伝的に男性ホルモンの多い体質を受け継いだAGAは治療法はないのかというと、決してそんな事はありません。なぜなら、男性ホルモンが多い人は皆ハゲるかと言うとそんな事はありません。最近では抜け毛の原因についても医学的に解明できてきたこともあり、その結果として、AGA治療についても様々な方法や治療薬が開発されてきています。

そのため、体質の遺伝だから仕方がないと諦めないでください。きちんとした治療を受けながらも生活習慣の改善や抜け毛の原因になりやすい日常生活のス
トレスをどのように解消していくことを考えながら治療すれば、あなたのAGA治療の方法は必ずあります。
それでは具体的なAGA治療の方法について述べていきましょう。

AGAは本当に治るのか

従来はAGA治療が難しいと言われていましたが、最新の研究結果、現在の日本では厚生労働省の認可した薬によって、抜け毛予防することと薬による発毛促進を実施することによってほとんどの人のAGA治療ができるようになったのです。

治療薬プロペシア

プロペシアとはアメリカのメルク社が開発したAGA治療薬で、世界60カ国で承認されている医薬品です。日本ではこのAGA治療薬プロペシアはMSD株式会社が2001年から臨床試験を開始し厚生労働省への承認申請を経て2005年12月に販売が初めて開始されました。

プロペシア

このプロペシアにはフィナリステリドと呼ばれる有効成分が含まれており、これはノコギリヤシという植物を研究して人工的に化学合成されて生成された成分です。

次にプロペシアの効果および効能についてですが、そもそも近年の研究によってAGAの原因はDHT(ジヒドロテストテロン)という物質が原因でひき起こされていることが買ってきています。

プロペシアに含有している有効成分であるフィナリステリドがAGAの原因である男性ホルモンを変化させることによってこのAGAの原因であるはDHT(ジヒドロテストテロン)減少させてしまうという効果を発揮するのです。

国内の臨床試験ではその改善効果は投与期間が1年間の場合には60%弱であり、投与期間が2年間の場合には70%弱、そして投与期間は3年間になると80%弱もの人が抜け毛が少なくなったという効果を感じています。

これは決して育毛効果ではなく、あくまでも抜け毛防止効果ですが、 AGAの進行を食い止めるという意味においてのAGA治療効果としては「少なくとも現状維持」効果は1年間の投与で40% 、 2年間の投与で31%、 3年間の投与で20% 、つまり90%以上の人が現状維持をがあると感じているということになります。
せっかくこれだけAGA治療効果の高いプロペシアですが、気になるのがその副作用です。アメリカで行われた臨床試験の結果では、性欲減退が1.8%あり、勃起力の低下が1.3%あったという報告があります。

しかし、これは偽薬を使っても性欲減退が10.3%現れ、気力減退が0.7%失言したということですので、どこまでがプロペシアの影響なのかは定かではありません。

ここのような副作用もありますが、このプロペシアは医師の処方箋なしでは購入することはできませんので、いずれにしても専門医にきちんと診断を受けた上で服用するのであればほとんどの場合大丈夫だと考えて良いでしょう。

治療薬ミノキシジル

上述しましたプロペシアはAGA治療の第一段階として、そもそも抜け毛自体を予防するための薬ですが、ミノキシジルはその次の段階の育毛のための薬品です。

AGA治療のために医療機関に行った場合、多くの場合、プロペシアとこのミキシジルの薬を処方してくれる場合が多いと思われますがここではこの育毛効果があるといわれるミノキシジルについて説明したいと思います。

ミノキシジルは発毛効果があるとして日本でもすでに有名です。実際にAGA治療にミノキシジルを使い発毛したとという人も多いと思いますが、この成分との相性があまりよくなく効果が出ない人も少なくありません。

ミノキシジルのタブレットのAGA治療に対する副作用ですが、頭皮が弱い方は頭皮に出ることが稀にあります。他にも低血圧や肌荒れなど多少の副作用はありますが、ほとんどのAGA治療に効果がある分、多少の副作用リスクもあるわけです。

いずれにしてもプロペシア同様、医師の処方箋なしに購入することはできませんのでAGA治療専門医にきちんと診断を受けた上で服用もしくは塗布してください。

毛髪公害

病院や薬によってAGA治療できるようになってきているのですが、男性ホルモンが多くてもAGA(男性型脱毛症)にならない人もいます。AGA(男性型脱毛症)になる人とAGA(男性型脱毛症)にならない人にどんな違いがあるのでしょうか。できれば病院や薬に頼らずにAGA(男性型脱毛症)治療したいものです。

日常生活における毛髪公害

AGA(男性型脱毛症)治療するためには、そのAGA(男性型脱毛症)の原因となるものを取り除くことが最大のAGA(男性型脱毛症)治療になることは当然のことです。それではどんなことがAGA(男性型脱毛症)の原因となるのでしょうか。男性ホルモンが多くてもAGA(男性型脱毛症)にならない人となる人のどこに違いがあるのでしょうか。

そのヒントが「公害」です。食品汚染問題が叫ばれ初めて久しいです。海の汚染で大量に死んで海に浮かんでいる魚、あるいは奇形の魚、その魚を食べて死んだ水鳥、大気汚染も含め様々な公害が問題化しています。
毛髪公害

まさに世の中は様々な公害が入り乱れています。このような公害もAGA(男性型脱毛症)の原因となり、またAGA(男性型脱毛症)治療の弊害となっている事は言うまでもありません。多くの専門家は公害が増えるとほぼ正比例してAGA(男性型脱毛症)患者が増えているとも言っています

(PM2.5などの問題も含め)このまま大気汚染や水質汚染が進んで行ってしまったら少なくとも1世紀のうちに人類全体がAGA(男性型脱毛症)になってしまうだろうと思っている人がいるくらいです。しかも髪の毛に対する公害は食品公害や大気汚染といった問題の他に生活に密着した公害によるAGA(男性型脱毛症)やAGA(男性型脱毛症)治療の弊害が大きいだけに厄介だといいます。

たとえば朝の髪の毛のセットに何かと便利なドライヤーや軽くてしかも汚れが落ちやすいと多くの家庭にあるナイロンブラシ、

いずれもちょっと使い方を間違えると脱毛や切れ毛を起こす、恐ろしいゆAGA(男性型脱毛症)の原因となり、 AGA(男性型脱毛症)治療の弊害になりうるのです。それを自覚していただくためにも目安として以下に日常生活に潜む毛髪公害の事例とその対策をあげてみました。

段落タイトル:ナイロンブラシ
ナイロン製品はある意味近代文明が生んだスター製品である。軽くて製品が作りやすくさらにコストも安い。まさに庶民が使う日用品としてはうってつけの材料です。ところがこの文明の力と思えたナイロン製品に思いがけない問題があったのです。それは非常に静電気を起こしやすいということです。

テストはナイロンのブラシかクシで平らな部分で衣服などを強くこすってから、抜けた髪の毛や糸くずに近づけてみてください。するとその髪の毛や糸くずはピンと立った状態でブラシやクシについてくるはずです。これが静電気です。

この静電気、ときには数千ボルト単位まで上昇するというからすごいものです。そしてこの静電気こそAGA(男性型脱毛症)の原因であり、かつAGA(男性型脱毛症)治療を阻害する「怪物的」公害なのです。実際にこのナイロンブラシやクシによる脱毛騒ぎが発生したのは実はもう20年ほど前からなのです。

このナイロンブラシ公害はかなり一般的にも知られ、現在では静電気防止ブラシの多く使われていますが、スーツやネクタイにお金を使ってもブラシにお金を使うという人はまだまだ少ないのが現状です。

ブラシ1つといえど使い方次第によっては抜け毛の大きな原因になり、ひいてはAGA(男性型脱毛症)の原因となり、 AGA(男性型脱毛症)治療の弊害になるので妙なところにお金をケチって、結果としてAGA(男性型脱毛症)となり、 AGA(男性型脱毛症)治療のためにブラシよりはるかに高いお金をかけなければならないように注意を払っていただきたいと思います。

ヘアドライヤーの弊害

ヘアドライヤーが毛髪に及ぼす弊害については問題提起されて久しい。ところが現実を見るとそんな有害論争などどこ吹く風、これが大変な普及ぶりなのです。確かにヘアドライヤーは便利といえば便利です。

多少、寝崩れしていてもドライヤーをかければ、あっという間に髪の毛にウェーブを与えて、セットができてしまいます。これでは若い人たちの間で圧倒的な支持を受けてしまうことも無理からぬことだと思います。

しかしドライヤーは間違いなくAGA(男性型脱毛症)の大きな原因であり、 AGA(男性型脱毛症)治療の大きな阻害要因である事は間違いないのです。ドライヤーが髪の毛に及ぼす悪影響がまず第一はその熱です。ドライヤーの熱が髪の毛を変質させてしまい、 AGA(男性型脱毛症)を促進させ、AGA(男性型脱毛症)治療の阻害の大きな要因になるということが考えられるからです。
ヘアードライヤー弊害

髪の毛の専門家の研究によれば、毛髪に変化が起こるのは大体140度くらいだそうです。このぐらいの温度を髪の毛に与えると髪の毛はかなり変化を見せてしまい、ドライヤーの熱は悪いということになるのですが、実際のドライヤーから出てくる空気の温度を測ってみたところ、せいぜい80度から90度くらいなのです。

このためヘアドライヤーは熱的には大きな問題は無いという方向になってしまったのです。しかし実際には様々な被害が出ており、 AGA(男性型脱毛症)の原因となったり、 AGA(男性型脱毛症)治療の阻害要因となっているのです。

そこでさらに調べてみましたところ、わかってきたことがヘアドライヤーで問題になるのは熱の問題よりも「水分」の問題は大きいということが判明したのです。洗髪した後に通常、ドライヤーの温風によって髪の毛を乾燥させます。

ところが通常髪の毛は正常な状態の場合、約10%の水分を含んでいる必要がありその状態で髪の毛は健全な状態を保つことができるのです。ところがドライヤーは一気に乾燥させてしまうため水分量を10%以下にしてしまい

(盆栽などの細い枝でも生木なら折れにくいけれど、乾燥した枯れ木なら指先で簡単に折れてしまうように)髪の毛にも同じような事を起こしてしまいAGA(男性型脱毛症)の原因となってしまい、 AGA(男性型脱毛症)治療の弊害になってしまうのです。

もしそれでもドライヤーを使いたいという人は必ず水がオイルを併用して少なくとも手だけでも乾燥せずにゆっくりと時間をかけて髪の毛を完成させるようにしてください。

薬の効果がない

人のAGA(男性型脱毛症)の対策

AGA(男性型脱毛症)治療に非常に効果のある薬を服用してもAGA(男性型脱毛症)治療効果が出ない人が稀に存在します。そのような人は生活習慣や食生活などに大きな問題を抱えている可能性がありますので、そのあたりの部分を見直すべきでしょう。

栄養障害があるような人

バランスの取れていない食事による害はあらゆる体の部分に多大な影響を与えます。ある種の食事を摂りすぎてもいけないし、とらなさすぎてもいけない。これはAGA(男性型脱毛症)にもAGA(男性型脱毛症)治療にも言えることです。例えば里親でんぷん質思想史の摂りすぎは皮脂漏という症状を引き起こします。

それは逃避に分泌された多量の脂が頭皮の表面にウロコ状となって固まり多量の浮気となり、挙げ句の果てにAGA(男性型脱毛症)という症状となって現れてきます。その反対に栄養が不足した場合にもAGA(男性型脱毛症)になる可能性が高くなります。
栄養障害

例えば出産の後女性が髪の毛がぐっと少なくなったり、抜け毛が非常に多くなったり、ときにはごそっと抜けてしまったりすることがあるのはその典型的な例です。これは野赤ちゃんを育て出産するという過程の中で体内の栄養分を大量に赤ちゃんに供給したため、一時的に栄養失調になってしまった為です。

またこんな事例もあります。ある美人モデルがある日突然脱毛が始まり大騒ぎになったことがあります。髪の毛がどんどん抜けてしまい頭がまだらハゲるような状態になってしまったのだ。美しさが売り物の美人モデルだけにこの髪の毛の変調は彼女に大きな精神的打撃を与え、失望のあまり自殺をもしかねないばかりだったという。

ところが周囲が説得して彼女を病院に連れて行ってみたところ、その原因はなんと栄養失調だったという。これは後で分かったことらしいのだが彼女はアメリカ人との混血で非常に太りやすい体質だったらしく、にもかかわらず仕事は痩せていないといけないモデルという仕事、そこで彼女は昨今の若い女性の間で盛んに流行っている低カロリー食を実行していたそうです。

しかもちょっと食べ過ぎたと思うと、すぐに下剤を飲むという乱暴なダイエットをしていたそうです。その後医師の適切なアドバイスにより、彼女はまもなくフサフサとした綺麗な髪の毛に乗ったということです。

このようにAGA(男性型脱毛症)にしてもAGA(男性型脱毛症)治療にしても栄養のバランスを保っておく事は非常に大切なことなのです。 AGA(男性型脱毛症)ならないための、そしてAGA(男性型脱毛症)治療のために良い食事の目安としては毛髪は皮膚の1部であるということから考えると、皮膚によいアルカリ性食品にウェイトを置いた食事を心がけたほうが良いようです。

アルコール(飲酒)

ある大酒のみと言ったものだ。 「お酒を飲んだことがどうしてこんなAGA(男性型脱毛症)になるんだ!アルコールは血行をよくするのではないか!頭だってこんんなに真っ赤になっている。 AGA(男性型脱毛症)の原因の1つに血行不良というのがあるしその意味でもアルコールはAGA(男性型脱毛症)治療に役に立ってこそマイナスにはならないだろう! 」

確かに適度な量のお酒ならアルコールは立派な血管拡張剤であり、血液循環を促進しAGA(男性型脱毛症)治療を助ける役目を果たしていると言えます。

しかし大酒飲みであったり、アルコール中毒レベルのような摂取量であるということであれば、それはまた別問題です。まず健康面から見てからだ全体の風潮を起こしてしまう事は目に見えています。

内臓にかかる負担も非常に大きいですし、大酒を飲む場合当然のことながら夜遅くまで起きていることが多いということになります。しかも大酒を飲むという人は多くの場合、精神的ストレスを持っている場合が多く、その緊張から逃れようとしてお酒を飲む場合が多いと思われます。

このようなストレスもAGA(男性型脱毛症)の大きな原因であり、AGA(男性型脱毛症)治療の阻害要因になっている場合が多いため、アルコールによって一時的にストレスから解消されたとしても、そのストレスが消える事はありません。
飲酒

従いましてこのようなお酒の飲み方がAGA(男性型脱毛症)やAGA(男性型脱毛症)治療の役に立つという事にはなりません。逆にそういったストレスを持っている方のほうがAGA(男性型脱毛症)になりやすく、AGA(男性型脱毛症)治療も難しくなる傾向にあるのです。