Every Body's Knowledge Note
医療

緑内障|失明の主な要因である緑内障の原因

ブルーベリー

緑内障は深刻な病気か

緑内障という用語は、眼内の視神経が損傷し、視野の周辺が次第に欠けていくことを特徴とする1連の目の病気のことを指します。一般的に徐々に進行し、通常、目の圧力が正常値より高いことに関係していると言われています。正常眼圧の上限値は21mmHgと定められています。眼圧が高すぎると、視神経が損傷を受けている可能性があります。

緑内障のタイプ

内障にはのタイプがあります。 1つは開放隅角緑内障、もう一つは閉塞隅角緑内障です。開放隅角緑内障は徐々に進行し視神経がかなり損傷を受けて、欠損するまで、前兆となる症状はありません。しかし閉塞隅角緑内障の場合は突然発症し、重度の症状が起こります。

緑内障の原因

2つのタイプの緑内障の違いを理解するためには、前眼房内での液体の産出及び排出について知る必要があります。この液体(房水)は水晶体に近い、眼の中間点による毛様体によって、継続的に産出されます。

通常、この液体は瞳孔を通って前方へ流れ、血流の中に排出されます。流出経路の1つは繊維柱帯と呼ばれ、液体の大部分は後から排出されます。もう一つはぶどう膜強膜流出路です。繊維柱帯は虹彩と角膜が交わる角にあります。

通常産出される液体の量と排出される液体の量は同じですが、期待を排出できなかったり産出される量が多すぎると、眼圧が上がるのです。その結果緑内障になると考えられています。

開放隅角緑内障とは

このタイプの緑内障は、隅角は開いていますが、隅角は部分的に詰まっている、もしくは房水が過剰に産出されるため、眼内から液体が十分に反映されません。その結果液体がたまり、眼圧が上がってしまうわけです。ただこの場合、眼圧は徐々に上がるため、痛みはありません。

閉塞隅角緑内障とは

この緑内障のタイプは虹彩によって隅角は閉塞され、目から液体を排出できなくなるのです。通常突然発生し、開放隅角緑内障よりも弾圧は大きく上昇することが特徴で、通常、目にひどく痛みを感じたり、ぼやける等の重い症状を伴います。この閉塞隅角緑内障については緊急処置が必要になってきます。

開放隅角タイプの緑内障とは

開放隅角緑内障の具体的な原因はわかっていません。しかし眼圧が正常よりも高い事と、視神経への血肉供給量が少ないことの両方が原因のようです。眼外へ液体を排出する隅角能力が低下する事で眼圧が上昇する事は分かっています。

開放隅角緑内障の現状

開放隅角緑内障は、現状、加齢とともにその患者は多くなっております。 40歳未満では珍しいですが、 40歳以上になると1% 、 65歳以上では5%がかかっています。また、両親や兄弟または子供(第1度近視)に緑内障の人がいると緑内障になるリスクが高くなることはかかっています。

このリスクは正確には定義されていませんが、概ね5人に1人の割合です。第一度近視に緑内障の人がいる方は、毎年、眼圧測定をお勧めいたします。近視の人は、近視でない人に比べて、緑内障にかかる確率は高くなります。

また人種的に見れば、アフリカ人は開放隅角緑内障に係るリスクが、他の民族に比べて、若いうちから発症する確率が高いことがわかっております。

開放隅角緑内障の症状

開放隅角緑内障になっても、実際には病気が進行し、周辺(横側の)視野欠損していることを気づくまでは、全く症状には気づきません。開放隅角緑内障は、全く痛みがなく、一般的に病気は相当進行するまでは、中心視野に影響はありません。

また緑内障と診断された際に既に損傷していた網膜視神経繊維は元に戻すことができません。しかし、早期に診断し、注意深く治療をすれば、損傷は限られ、病気の進行を遅らせたり、止めることさえできます。

慢性開放隅角緑内障は、治療しないと最終的には、視力が著しく低下したり、失明する可能性もあります。従いまして早期診断および早期治療が非常に重要な病気なのです。

開放隅角緑内障の診断と検査

開放隅角緑内障の診断は主に次の3つの観点から診断を行います。 1つは眼圧が高いか否かで、通常21mmHgを超えているかどうか。もう一つは特徴的な視野欠損がある場合(非常にゆっくり進行するため本人は気づいていないことが多い)。眼内の視神経に陥没がある場合(視神経繊維がなくなることに因より、乳頭に凹みができる)検査方法は次の3つです。

視神経検査、眼圧測定法、視野測定法です。視神経検査は特別な器具(検眼鏡)の光を目に当てるか、生体顕微鏡に連結された特別なレンズで検査して、網膜及び視神経を検査します。視神経乳頭が凹み、蒼白に乗っている場合は緑内障の特徴的な兆候です。

現在では、視神経を描写する走査レーザー検眼鏡を使用して視神経乳頭検査するなんかもあります。この検査は簡単で傷を全く伴いません。次に眼圧の測定ですが、 眼圧は眼圧計と呼ばれる特別な器具使用して測定します。

眼圧測定は点眼麻酔をしてから実施し、短時間で終わります。他にも目に空気を吹き付けて測定する非接触型の眼圧測定法もありますが、その緑内障検査の精度は低くなってしまいます。

緑内障の点眼治療

長期にわたる緑内障の治療の目的は眼圧を下げることです。多くの場合、点眼薬を使用しますが錠剤などを服用する場合もあります。これで眼圧が下がらない場合には目からの排出を改善するためにレーザー治療や繊維柱帯切除術という手術のいずれかが行われます。

まず点眼ですが、使用可能な点眼薬には様々な種類のものが存在します。それゆえ一般的にまず1つの点眼薬を試してみて、眼圧が十分に下がらない場合には、他の点眼薬を追加していきます。

ここでは点眼薬またはその他の薬の記載には正式名称を使用していることにご注意ください。多くの薬は商品名(商標名またはブランド名)によっても知られていますが、正式名称とは異なりますので、不確かな場合には医師もしくは薬剤師に確認してください。

なお、点眼薬には副作用がある場合がありますが、通常重篤な副作用ではありません。喘息やその他胸部疾患、血管障害や心臓疾患などがある方は、すべての点眼薬が適切とは限りませんので、その旨を石に必ず伝えてください。

緑内障の点眼薬の中には、眼圧を下げるだけでなく、眼内の視神経への血流の供給を増加させるようなものもあります。どの点眼薬が適切かについては、医師に相談してください。

閉塞隅角タイプの緑内障

閉塞隅角緑内障は急性、つまり突然起こります。遠視が強い人は多く、子供の頃からメガネをかけている場合があります。この病気は40歳を超えた人に多く、男性よりも女性がかかりやすい病気です。

閉塞隅角タイプの緑内障の原因

閉塞隅角緑内障は様々な処方薬によって引き起こされる場合があります。特にうつ病やその他の精神疾患の治療に用いられる強力な精神安定剤などによって閉塞隅角緑内障の発症のリスクが高まることがわかっています。閉塞隅角緑内障を引き起こす可能性のある薬については医師に確認はしてください。

閉塞隅角タイプの緑内障の症状

早期の開放隅角緑内障には、ほとんど症状がないのと対照的に、急性閉塞隅角緑内障には通常をこの症状があります。早期では、片目に軽い痛みがあり、視界がぼやける、光の周りに虹が見えるなどの症状があります。

これらの症状は薄明かりや暗闇でも起こることが多く、多くの場合は夜眠ると良くなります。もしこれらの症状に苦しんでいる場合には、閉塞隅角緑内障を起こしやすい要因は何かを眼科医に行って目の検査をしてもらいましょう。発作がひどい場合には数時間にわたり、眼圧が非常に高くなります。

この場合、目は非常に痛くなり、目の周りから額やこめかみまで強い痛みが広がります。あの通常発作は、片目ずつ起こります。目は赤くなり、視力が低下し、視界はぼやけます。また吐き気や嘔吐を伴うこともあります。このような症状が発生したら、眼科で緊急に診察をしてもらう必要があります。

閉塞隅角タイプの緑内障の診断

急性閉塞隅角緑内障は比較的珍しい病気ですが 、眼科の救急外来には時折訪れます。眼圧検査で測定した眼圧は非常に高く、上述のような症状がある場合、急性閉塞隅角緑内障と診断されます。

閉塞隅角タイプの緑内障の治療

閉塞隅角緑内障の治療は、まず直ちに、点眼薬および薬剤を投与し、高い眼圧の治療を行います。よく利用される薬剤はビロカルビン点眼薬と静脈注射によって投与することが多いアセタゾラミドです。さらに鎮痛剤が投与され、必要に応じて、吐き気および嘔吐の治療が行われます。

通常、眼圧は数時間以内に下がります。資料及びその後の眼圧の経過観察するために入院となる場合もありますが、多くの場合は数日間の入院のみで済むでしょう。また付随する炎症を抑えるため、通常ステロイドおよびその他の抗炎症点眼薬の投与されます。

眼圧が正常に戻り、目の炎症がおさまれば、今後、閉塞隅角緑内障の発作が起こることのないように、レーザー治療を行います。 レーザーを使って虹彩の周辺部に小さな穴を開け、液体(房水)が瞳孔を通らずに排出されるようにします。この手術は、大抵は外来で行われる単純な手術です。

麻酔薬を点眼し虹彩を拡大して見るためにコンタクトレンズを使用します。レーザー治療は、目の検査で使うものと同様の顕微鏡を使用して行います。早期に診断、治療を行えば急性閉塞隅角緑内障によって視力は視神経又は視野が著しく損傷を受ける事はありません。通常レーザー治療を行うと、その後、発作が再発する事はほとんどありません。

緑内障の方の自動車の運転について

日本では第一種普通自動車免許を取得するためには、他眼の視野が左右150度以上であることが必要です。緑内障にかかり、運転に関する適正な心配な方は、各都道府県の警察本部では運転免許センターに問い合わせてください。

緑内障の方の自動車の運転の適正相談と注意点

緑内障にかかったことによって運転免許に関する適正な不安な方は、各都道府県の警察本部では運転免許センターで無料で適性診断を受けることができます。また緑内障にかかったことになって自動車保険が無効になるかどうかについては、契約している自動車保険会社にお問い合わせください。

ご自分の視野および視機能の状態をよく把握して安全な運転ができるようにしてもよく相談してください。緑内障になったというだけで自動車運転が禁止されるというようなこともありません。

まず、たとえ緑内障であっても両眼で視力が0.7以上あれば大丈夫ですし、視野についても左右で150度以上あれば大丈夫です。ただし、緑内障の患者の方は、やはり正常な視力を持っている人に比べれば、どうしても視野が狭くなっています。

そのため、たとえ運転免許の更新ができたとしても、次のことには注意した方がよいでしょう。ひとつはやはり定期的に病院の眼科に通院して、緑内障の症状の進行を食い止める努力をすると同時に、視力や弾圧を測定し、極端に下がってないかチェックすることを心がけましょう。

万が一、視力や視野に大きな低下はあった場合には運転は控え、処方されている点眼薬をしっかりと使いましょう。次に緑内障は片面だけに発症している方は、健康な方の目をより大切にしましょう。なぜなら見えるほうの目に頼ってしまいがちになり、健常側の眼は自分が考えている以上に酷使しているため、疲労が激しくなっているおそれがあるためです。

自動車の運転は非常に目を疲れさせるため、目が疲れたと思ったときには、すぐにへのケアをすることによって、その後の運転も快適にできるようにしましょう。そして最後に気をつけることですが、後々運転が困難になってしまうことを避けるためにも、日常生活においても眼圧を下げるための生活をすることです。例えばウォーキングなどの有酸素運動は眼圧を下げてくれます。

その他にもブルーベリーなどのベリー系の目に良い食品を積極的に摂取することによっても、眼圧を下げてくれ、緑内障の進行を抑えてくれます。このように日常生活においても「眼圧を上げない」ような工夫を取り入れることによって緑内障は進行せず、緑内障を抱えながらも、自動車の運転もいつまでもすることができます。

 

ブルーベリー

ブルーベリー